令和は万葉集『梅の花』32集序文から出典!『梅の花』全文と意味は?

4/1に新元号が『令和』に決まりました!

新元号の『令和』は、

万葉集32集序文『梅の花』の歌からとったものだそうですが、

日本の古典から出典されるのは、

歴史上初なんだそうですね!

日本の和歌、万葉集の『梅の花』の内容は?

そして『梅の花』全文を引用して、

意味と訳を調べてみました♪

万葉集32集序文『梅の花』の全文

万葉集梅の花全文

万葉集『梅の花』の全文はこうです。

時に初春の令月、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

万葉集『梅の花』

万葉集『梅の花』の意味は?

万葉集『梅の花』の意味です。

『時期は初春のよき月夜で、空気は澄んで風は和らぎ、

梅の花は美女が鏡の前で白粉で装うように花を開き、

蘭の花の香りは身を飾った衣に香を薫ませたような匂いを漂わせている。』

春のはじめの空気も澄んで風も柔らかい気持ちの良い月夜に、

梅の花が綺麗に咲き誇り、蘭の花が芳しく香っているというとても綺麗な歌ですね。

万葉集からの元号出典は歴史上初

歴代の元号は中国の古典から

元号が決まる際は、今までは中国の古典から採用されていたのですが、

今回は初めて、『日本の古典から出典してもいいのではないか』という声が出てきたことで、

日本の古典から初めて出典されて、

万葉集からの出典は歴史上初です!

Sponsored Link

『令和』の出典理由は?

新元号『令和』の意味

安倍首相は会見で、『令和』の意味について、

『人々が美しく心を寄せ合う中で

文化が生まれ育つという意味がある』と語りました。

令和とした決め手

そして、新元号を『令和』にした決め手について、

『一人一人の日本人が明日への希望とともに

それぞれの花を大きく咲かせることができる

そうした日本でありたいとの願いを込め、

令和に決定した』と語りました。

新元号を予想していた人はたくさんいましたが、

まさか『令和』になるとは!

ほとんどの人は想像つかなかったんじゃないでしょうか。

でも万葉集から引用したというだけあって、

日本らしい響きでとても綺麗ですね。^^

ネットの反応は?

万葉集からの新元号出典ということで、

ネット上の反応を見てみました。

まとめ

新元号『令和』が万葉集から出典されたことについて、

おおむね好意的な意見が多いですね。

私もこれを機に万葉集を読んでみたくなりました♪

Sponsored Link