釈由美子ノーギャラでマンホールは酷い!給料未払いで仮面ライダー出演か?

釈由美子さんのマンホール演技

仮面ライダージオウへの出演でマンホールを投げて戦う演技をして『マンホール女優』
特撮ファンの間で親しまれている釈由美子さん。

そんな釈由美子さんの所属事務所『トミーズアーティストカンパニー』が深刻な経営難に見舞われ、釈さんへの給料が未払いになっているという報道が出ました!

釈由美子さんは約1年半の間、ギャラを受け取ってないようです。

今回はそんな釈由美子さんのマンホール演技の動画と、ギャラ未払い状況について調査しました!

釈由美子さんに給料未払いトラブル

週刊誌FLASHに釈由美子さんの給料未払いトラブルが報じられました。

『去年4月から現在まで、ギャラを払っていません』とトミーズアーティストカンパニーの倉持社長が認めたというのです。

1年半も給料が未払いとは相当酷いと思うのですが、その間も釈由美子さんはテレビ朝日系『仮面ライダージオウ』に出演されるなど、
精力的に活動していました。

マンホールで戦う釈由美子さん動画【仮面ライダージオウ】

こちらがマンホール女優・釈由美子さん出演の仮面ライダージオウのワンシーンですね。

釈由美子さんはアナザーキバ/北島祐子役で出演しました。

ストーリーはこうです。

仮面ライダーキバ編〈ストーリー〉

無実の罪で刑務所に収監されている北島祐子(釈由美子)が、
オーラ(紺野彩夏)によってアナザーキバにされてしまい、

アナザーキバになった北島祐子(釈由美子)は、
自分の冤罪を晴らせなかった弁護士などに、アナザーキバの力を使って復讐します。

そして北島祐子(釈由美子)は『いずれはこの世の女王となる』と言って冷酷な権力者になってしまいます・・。

釈さんがマンホールを持って、片手で手裏剣のようにマンホールを投げている姿がやっぱり面白いですね。ついつい笑ってしまいます。w

オーラ(紺野彩夏)の攻撃もマンホールで交わし、ついには暗闇でマンホールを女性に投げつけて襲ってしまい、
ついには結婚式場に乗り込み結婚式を妨害した後にアナザーギバに変身した祐子・・・というストーリーが衝撃的すぎて、
釈さんを『マンホール女優』と呼んでしまう特撮ファンが出てくる始末。

仮面ライダージオウ出演にあたっての釈由美子さんコメント

「平成仮面ライダーシリーズ」の集大成である「仮面ライダージオウ」にゲスト出演させて頂き、感無量です!歴代のレジェンドが出演されているなか、レジェンドでもなんでもない私が参加させて頂くなんて恐縮ですが、悪役に徹してキレッキレな女王様を演じましたので、楽しんで頂けたら嬉しいです。
 わかる人にはわかる、あの懐かしのポーズもしています(笑)。お楽しみに!

テレビ朝日/仮面ライダージオウ

『悪役に徹してキレッキレな女王様を演じました』と張り切って出演していた釈由美子さんですが、この仮面ライダージオウに出演している間も、
事務所から給料は払われていなかったんでしょうか。。

では、釈由美子さんの所属事務所『トミーズアーティストカンパニー』では、
釈さんにギャラを払えないほどの経営難なのでしょうか?

調べてみると、事務所側はこの『ノーギャラ』の事実を否定していることがわかりました。

Sponsored Link

釈由美子さんは1年半もノーギャラだった?事務所は否定

週間FLASHは釈由美子さんの報道について、
『釈由美子、タダ働き1年半「給料1000万」未払いトラブル』と報じていて、
社長もこの事実を認めたとしています。

ですが、釈由美子さんの所属する『トミーズアーティストカンパニー』はツイッターで、
“掲載記事と事実が異なる”としてコメントを発表しています。

↑事務所側のコメントが小さく見辛いのでポイントをまとめました。

釈由美子さんの事務所は『1年半給料未払い』を否定

釈さんの事務所は週刊誌に報じられた『1年半給料が未払いだった』という報道を否定しています。

『1年半に渡り、弊社がタレント釈由美子に給料を支払っていなかった』
という報道がございますが、これは事実と異なります。

ただし、本来釈由美子さんに支払われるはずのギャラを、トミーズアーティストカンパニー側が少なく見積もって釈さんに渡していたようです。

その支払額を釈由美子さんと事務所側で協議の上、支払い計画を立てて残りのギャラを支払っていくそうです。

事務所側の説明によると釈さんは1年半に渡ってノーギャラということはなく、幾らかはお給料をもらっていたということになりますね。

ノーギャラでマンホール演技をしていたわけではないとわかって安心です。w

釈由美子さん個人事務所設立は『ブチ切れ独立』ではない

週間FLASHの報道によると、
給料未払いに怒った釈由美子さんが2019年4月に個人事務所を設立したとなっていますが、
その事実についても事務所側は『双方同意のもと』だと主張しています。

報道の通り釈氏は4月に個人事務所を設立し、現在は弊社と業務委託契約を結んでおります。
これらの経緯が未払い問題に端を発した、記事にあるような『ブチ切れ独立』ということでは全くございません。

トミーズアーティストカンパニーツイッター

釈さんはノーギャラなのを怒って個人事務所を設立したのではなく、
トミーズアーティストカンパニーと業務委託を結んだ個人事務所なので、
釈由美子さんと事務所の関係は良好だと言いたいようですね。

※随時更新中です

Sponsored Link