NHK筋肉体操イケメン庭師の村雨辰剛が日本に帰化した理由とは?

今回はNHKみんなで筋肉体操に出演し、

そのイケメンっぷりと筋肉美が話題の

スウェーデン人庭師・村雨辰剛さんに注目してみました! 

イケメン庭師・村雨辰剛さんのプロフィール

日本名 村雨辰剛(むらさめ たつまさ)

スウェーデン名 ヤコブ・セバスティアン・ビョーク

生年月日 1988年7月25日生まれ

スウェーデン生まれのスウェーデン育ち

身長182㎝ サイズ B101、 W78、 H96

言語 スウェーデン語、英語、日本語

Sponsored Link

村雨さんはどうして日本に来たの?

村雨さんは子供の頃から、

『スウェーデン人は新しいものをどんどん取り入れ、伝統や文化を大切にしない』

ということに違和感を持っていたそうです。

そしてそのことをとても悲しく思い、

いつか自分の国(スウェーデン)とは全く違う世界に行ってみたい

という思いが芽生えてから、日本に興味を持ち、

高校生の頃から日本語を勉強しはじめます。

そしてスウェーデンの高校を卒業と同時に日本での生活を始め、

語学力を活かして、スウェーデン語と英語の教師として働きはじめました。

その頃は日本語はまだあまり得意ではなく、生活するには苦労したそうです。

イケメン庭師の村雨辰剛はなぜ日本に帰化したの?

帰化とは=その国の国籍をもたない人が、国家に国籍の取得を申請して、

その国の国籍を手に入れることです。

日本好きの村雨さんは、日本の伝統的な師弟関係を学びたくて、

23歳から庭師として働きはじめます。

そして愛知県西尾市の加藤造園の庭師の親方に弟子入りして、

庭師のいろはを学んでいきました。

そんな村雨辰剛さんが日本国籍を取得し、

日本に帰化したのは26歳の時。

『日本に帰化する』という決断に至るまで、最初はかなり悩んだようです。

でも、『このまま日本という国に住み続けるのならば、

れっきとした日本人として生きていきたい。

そうじゃないと納得がいかない。』と考え、

最終的に“日本に帰化する”という考えに至ったそうです。

それがイケメン庭師・村雨辰剛さんが日本に帰化した理由です。

Sponsored Link

村雨辰剛の名前の由来は?

日本に帰化したと同時に日本名に改名した村雨さん。

その名前の由来ですが、

村雨(むらさめ)=庭師の親方のお父さんの名前 辰(たつ)=自分が辰年だったから

剛(まさ)=親方の名前から1文字とった というのが由来だそうです!

日本人よりも日本を愛し、

異国の地で伝統文化を学ぶイケメン庭師の村雨さん、

庭師の娘のビール姫も、末永く応援させていただきます!

Sponsored Link